Getting Medical Attention in Bali (Safely) バリの病院設備について

Here’s some good information on Medical facilities in Bali. Rough Japanese translation to follow.

妹のブログからのReblogです。二度バリに行って二度共病院のお世話になる不運な彼女の貴重な病院経験を日本語訳(ラフにね、喋りながら)させて貰いました。私はバリには三度行ってるんですが、病院に行った事はありません。でも初めて2004年ゴロに行った時よりもずっと汚くなってしまっているのはとても悲しいです。私の友人もバリに行って、お腹を壊した、病気になったという人が絶えません。無事帰って来てくれて良かった~。

以下抜粋

バリの医療施設

バリには二度行きました。とても楽しい旅でしたが、ザンネンながら二度とも病院にお世話になるはめに…

要約:
BROSホスピタルにER(救急)と診察両方で行く機会がありましたが、どちらの時も大変いい治療を受ける事が出来ました。お勧めです。

Bali Clinicは小さい事(軽い腹痛、熱等)には対応出来るかもしれませんが、専門的な事や重体の場合は、病院に行かれた方がいいとお思います。リゾートやホテルと提携しているところも多く、旅行者は良くこちらに回されるようですが、余りお勧めできません。

詳細:

初めてバリにいった時(去年のクリスマス)Brad(妹の旦那)が食中毒を起こしたため、病院に連れて行くことに。ただ、かなり重度だったので、小さいクリニックではなく、ビラのオーナーさん(バリ在住)にどこに行くべきか聞くことに。彼女のお勧めは、旅行者慣れしていて、オーストラリアからの旅行者に人気なBIMCではなく、デンパサールにあるBROS病院(Bali Royal Hospitalの略)でした。どちらも私達がいたSanurからはそれほど変わらない距離だったので、お勧めのBROS病院へ向かう事を決めました。

緊急病棟にまず向かい、点滴を受けて一応落ち着いたところで、一晩入院。一人部屋には付き添い用の休憩部屋(無料ドリンク等有)、スペアベッド、プライベートのシャワーとお手洗い、エアコン完備、と中級ホテルクラス。アメリカの病院より快適でした。
もちろん現地の方々も利用されている病院ですが、外国人向けの整形ツアー、または他のメディカルツーリズムも行っているらしく、外国人慣れしています。BROSで会ったお医者さんは全員英語は堪能でした。看護婦さんの中には英語に余り慣れていない方もいらっしゃいましたが、基本的な言葉は通じますし、必要な場合はすぐに英語の出来る人を見つけて来てくれたので不都合は感じませんでした。ただ、日本語の出来る方はすくないかもしれません。ただ、Wi-fiは私がバリで体験したなかではぴか一だったので、インターネットを頼りにする事も出来るでしょう。パスワードを最初にチェックインした時に聞いておくと、後々便利です。
次の日も念のため、入院を勧められましたが、症状も改善していたので、退院しました。その後に問題はありませんでした。
一泊入院したにも関わらず、保険抜きでUSD700(現時点で7万ちょい)でした。

2月にバリに友人と戻ったのですが、ビーチで数時間寛いだ後、部屋にもどってみると、ふともものあたりに引きずったような傷が出来ていました。その晩はとにかく傷薬を塗って、寝たんですが、朝、目を覚ますとズキズキして、腫れてきていたので、近くにある観光客が良く行くBali Clinicへ行きました。一目見て、お医者さんは肌の炎症だと決めつけて抗生物質(塗り薬と飲み薬)を処方しました。診療代はUSD85(現時点で8600円程度)でした。
抗生物質を飲み始めたものの、脚の痛みはドンドン増すばかり。最終的にはLombok行きを取り消して、ジャカルタに戻らなくてはいけない友人とも別れてBROS病院の待合室に行くことにしました。この時点では足を引きずって歩く羽目に…
運よく20分程の待ち時間でオフィスに通され、最初に診て下さった一般のお医者さんは自分の手には負えないからと病院内の皮膚科の先生に連絡をとってくれました。皮膚科の専門医の先生は丁寧に傷を見て、恐らくは海で何かにかすった(クラゲ?)せいで起きた重度のアレルギー反応でしょう、と言って的確な治療を施してくれ、炎症では無い事を確認/説明し、何か変化があれば連絡するように自分のメルアドまで渡してくれ、私が落ち着くまで30分程の時間をかけてくれました。シンガポールに戻ってからもメールで様子を確認する連絡をくれたりと、しっかりしたケアを受けられました。治療代はBali Clinicと同じでUSD85(現時点で8600円程度)でした。シンガポールに戻ってからチェックアップの為に行った病院の先生もBROS病院の先生は的確に処理してくれていたし、薬もしっかりとしたものを出してくれたみたいで、良かったね、と言ってくれました。(ちなみにどこから見ても炎症ではないでしょう、とも仰いました)Bali Clinicは多くのホテルに隣接している為、手軽に行けるのですが、ケアのクオリティを考えるとBROS病院に行かれた方がいいと思います。私達の場合はそれ程重度な症状ではなかったのですが、もし必要なら無理に治療をせずに、出国手続きまでやってくれると私は感じました。ただデンパサールの渋滞は酷い事も多いので、時間がかかる事もあるのは確かです。

***ちなみにバリでタクシーに乗る場合はBlue Birdタクシーに乗るのが安全です。ただ、偽Blue Bird Taxiも出回っているようなのでお気を付け下さい。

Advertisements

One thought on “Getting Medical Attention in Bali (Safely) バリの病院設備について

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s