She speaks! (Part II) しゃべった!(新菜の巻)

Every morning and evening I drop off and pick up Nina at her daycare and the “Lao Shi” (Chinese teacher) speaks to Nina in Mandarin.  I’ve only seen Nina nod or answer 好 (good) or 不好(not good).  Essentially, I’ve seen a word or two, but never a full sentence. Lao Shi has been telling me that Nina’s pronunciation is good, but she is a passive speaker. She speaks when she’s asked to, but doesn’t voluntarily speak in Mandarin.  I’ve decided that she can take her time. It’s not like MY Mandarin is going anywhere, and she’s already handling two languages at home.

Then on last Tuesday,  I finally heard it!  When Lao Shi asked about her weekend, Nina responded by telling her what she did…in a full sentence!…in Mandarin!  Nina has been attending her local daycare since she was 19 months, so close to two years now. Although I know that there are plenty of families that teach their children more than three languages, seeing Nina struggle, I was feeling like maybe it is too much too fast. I started to focus on Japanese at home after she turned three and started to show interest in learning Japanese.  I’ve been reading to her only in Japanese, responding to her in Japanese and asking her to repeat her English sentences in Japanese.  Her Japanese is now much better than it used to be.  It’s still weaker than her English and she doesn’t sound like a full Japanese child, but she can now communicate decently well. Actually, I think what prompted her to speak Mandarin is her newfound ability to speak Japanese.

As she’s become more comfortable with Japanese, I think she’s gotten a confidence boost in her abilities as a student and I feel that this has been a huge factor in the leaps she’s been making with all her languages.  She often says, (in Japanese) “Nina can speak Japanese! Nina is Amaaaazing” and we spend a lot of time praising her for speaking two languages at home.  It’s interesting how her fascination with one language actually seems to have encouraged her to focus on the third language.

She now has a Mandarin reading bee from school and the title is exactly how I feel.  私很高兴! (I am very hapypy!)

新菜は19か月の頃からフルデーでシンガポールのローカルデイケアに通っている。うちの近くにインターナショナルスクールはないし、私が当時日本語にそれ程重きを置いていなかったのと、中国語を優先した事、ま、諸事情は色々。もう二年近くなのに、中国語はあんまり出来てないような気がしていた。お見送りの時にも、中国語の先生はちゃんと話しかけてくれているのに、新菜はいつも頷くか、「好」または「不好」程度の返事しかしていなかった。それも、そのうちでるだろうと、それ程気にもしてなかった。実際、必要ないとはいえ、毎日何らかの中国語を聞いてる私だって全然分かってないし。同時にやっぱり3か国語は無理なのか、子供にプレッシャーをかけすぎているのでは、と自分自身ちょっと不安でもあった。

が、遂にその時は来た!新菜がちゃんと文章(らしきもの)を話した!週末に何をしたかを先生に話したらしい。(分んなかったけど)今までもクラスでも話すように仕向ければ、発音も綺麗に出来てますよ、と先生に言われてはいたものの、私はふ~ん、としか言いようもなく。結構デイケアには顔を出しているのに新菜が喋ってるとこ見たことなかったし。シンガポール人のママに聞いても、うちも、中国語はなかなか出てないわ~、と言っていたし、気長に待つか、と思っていた。デイケアの方も新しいカリキュラムなんだのと色々頑張ってはいる。でも、新菜が中国語を喋りだした理由は、日本語にあると私は見ている。

私が新菜に結構本気で日本語を推し始めたのは実は、以前に書いた、彼女が三歳になったころなので、4か月前くらい。それからは日本語の本しか読まない、英語で話しかけてきても日本語でかえす、日本語で言い直させる、を続けている。その効果か、まだちょい怪しくて、外人っぽい日本語にはなっているものの、意志疎通がかなり日本語でも出来るようになってきた。私も完璧を求めているわけではなくて、やはり日本人の血が入っているのだから、日本語もある程度は出来て欲しい、程度に思っているので、本人が努力して日本語を学んでいるのがとても嬉しかった。それを本人も誇らしく思っているらしく、ほぼ毎日「新菜日本語出来るよ!新菜、すごーい。」と家でも学校でも言っている。その度にちょいオーバーな程に褒めていたのが自信になったらしく、中国語も自信を持って話せるようになった様子。2か国語やっているからこそ3か国語目もやる気になったみたい。

新菜は今、学校で中国語の本を読む練習をしている、タイトルは 私很高兴。今のママの気分と同じ \(^ o ^ )/ とっても嬉しいわ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s